多様な薬

子供の時に水疱瘡(水痘)にかかったことがある人は多いのではないでしょうか。
これはヘルペスウイルスに感染しておこるもので体中に水疱が多数できる病気で、日本では数年おきに冬から春にかけて大流行する傾向があります。
強い感染力があり保育園や幼稚園などで集団生活をおくる乳幼児の間で直ぐに感染して行きます。

最初は小さな赤い発疹が頭にできて上半身から下半身へと広がっていきます。
小さな発疹は時間の経過とともに透明の水を含んだような水疱へと変わります。
水疱にはヘルペスウイルスが存在しており、痒みを伴います。
やがて水疱は破れて乾燥してかさぶたになり、1週間程度で治ります。

しかし、ヘルペスウイルスは体の神経細胞に潜伏し、高齢になった時やストレスなどで体力が落ちている時に帯状疱疹の症状を起こす場合があります。
このことからもわかるように水疱瘡と帯状疱疹は同じヘルペスウイルスに感染しておきる病気で、ヘルペスウイルスの1種である水痘・帯状疱疹ウイルス(ヒトヘルペスウイルス3型)によって感染します。
帯状疱疹は神経に沿って強い痛みが出る病気で1年間に約60万人の方がかかるといわれています。
帯状疱疹の症状が出やすいのは50代以上の方に多いといわれています。

顔に帯状疱疹の症状が出ると症状が重くなりますので、異常を感じたら病院を受診することが大切です。
水疱瘡の症状の重さには個人差があり、乳幼児の時に水痘のワクチンを受けている方は症状も軽く済むといわれています。
また、ワクチンを接種することにより帯状疱疹になる確率を下げることもできます。
しかし、ワクチンを受けるのは幼児期なので、時間の経過とともに効果が減少すると考えられています。
ウイルス感染が不安な方は医師に相談してみましょう。

対処方法や注意点等のアドバイスとヘルペスに効果的なゾビラックスなどの薬を受けることができます。
ゾビラックスという薬はアシクロビルという有効成分を含んでいるため、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて痛みや発疹などの症状を抑えてくれます。
特にヘルペス初期の症状には強い効果があることが認められてます。

記事一覧
悩んでいる男性

ヘルペスは、体の抵抗力が低下しているときに、その隙をつくようにして発症します。 体の抵抗力の度合いは...

ウィルス

アレルギー性紫斑病とは、アナフィラクトイド紫斑病、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも呼ばれている、血...

男性と話す医者

軽いヘルペスになったときには病院に行かずに自分で治療することもできます。 まず非常に軽い場合は患部を...

薬を飲む男性

ヒトヘルペスウイルスにはいくつか種類があります。 脳炎や突発性発疹を起こすヒトヘルペスウイルス6、突...