• ホーム
  • アレルギー性紫斑病とヘルペスの症状の内容

アレルギー性紫斑病とヘルペスの症状の内容

ウィルス

アレルギー性紫斑病とは、アナフィラクトイド紫斑病、ヘノッホ・シェーンライン紫斑病とも呼ばれている、血管性紫斑病の一つです。
アレルギー性紫斑病の症状の内容としては、3~10歳の男児にやや多い傾向です。
出血斑や腹痛、関節痛、むくみなどが主な症状となっています。
そして、およそ半数に腎臓病が認められており、紫斑病性腎炎と呼ばれています。

多くは長期的には良くなるのですが、1から2%の患者には腎不全が起こるとされているようです。
また、夏には少なく、秋から初夏に多い症状なのです。
小児で最も頻度の高い血管炎と言われており、年間10万人あたりに10人から20人という発症率とされています。
原因ははっきりしていません。
体の免疫システムの一つに関連しているとも言われているのです。

それはIgAという種類の、体を守っている抗体です。
先行感染の病原体は、ブドウ球菌やマイコプラズマなどが知られているようです。

ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因です。
このウイルスが皮膚や粘膜に感染に感染するのが始まりです。
症状内容としては水ぶくれです。
くちびるに水ぶくれが出来る症状は、多くの人が見たことのあるものでしょう。
この場合、日本人がこのウイルスに感染している確率は、20代から30代では約半数と言われているのです。
また、60代では殆どが感染しているというケースもあります。

ヘルペスの場合は感染すると、症状が治った後も細胞の中に潜伏しています。
そして免疫力が落ちたりすると、急に出てくるというケースが多いのです。
帯状疱疹などもその一つです。

しかし、ヘルペスの場合は再発しやすいのが難です。
このように症状内容を見ていくと、ヘルペスとアレルギー性紫斑病はどちらも引き起こされやすく厄介なものです。
日頃からウイルスやアレルギーなどに負けない、強い体を作って行きましょう。

関連記事